研究室紹介

高分子材料は、成形時の高分子鎖の緩和や伸長、また加熱や冷却により諸構造に変化が起こり、成形品の物性に著しく寄与します。

本研究室では主に、繊維やフィルムの伸長過程における構造や物性を研究しています。

また、成形加工の過程において変形する際に必ず生じるのが、分子配向や結晶化(結晶性高分子)といった高次構造の形成です。従って、プラスチック材料を理解するには、加工品の構造だけではなく変形や高次構造変化の機構の把握が重要となります。

本研究室では成形加工過程の段階における測定、すなわちオンライン測定を盛んに行っています。


海島型繊維の島部分の写真

溶融紡糸における吐出口付近の様子

紡糸線のオンライン直径・位相差測定

紡糸線の走行速度を測定する
レーザードップラー計